消費者金融の審査も甘いということはありません

私の同僚に消費者金融系キャッシングの審査に落ちた者がいます。

私もその同僚も正規雇用で働いているサラリーマンです。

正規雇用で働いている者でも消費者金融の審査に落とされることもあるのです。消費者金融の審査は銀行と比べて甘いなどと言われているようですが、決してそのようなことはないのです。消費者金融も誰にでもお金を貸してくれるわけではありません。

連帯保証人も求めず担保も取らない代りに申込者の審査は厳格に行っているのです。

正規雇用で働いている者であっても、信用度が低いと評価されたり、収入が安定していないと評価されると審査に落とされてしまうのです。

消費者金融の審査に落とされたと言っていた同僚は、他の消費者金融からの借入が残っていたようです。

恐らく、そのことが審査であまり良く評価されなかったのだと思われます。消費者金融の審査で付け加えるなら、返済能力があると評価されると正規雇用で働いていなくとも審査に通ることがあるという点を忘れてはいけないでしょう。

つまりアルバイトやパートタイムで働いている方でも安定した収入があり、大きな借金を抱えていなければ消費者金融の審査に通る可能性があるということです。

この点は消費者金融系キャッシングの利便性の高さとして評価されて良いと思われます。



このページの先頭へ