キャッシングができたことによる安心感

私はキャッシングをして救われたことがありました。

それは、父が亡くなった時ときのことです。私には貯金がほとんどない中で、父が病気により無くなりました。

亡くなった事による哀しみは大きかったのですが、それと同時に葬儀や諸々のことについての出費に耐えられるかどうかの大きな不安がありました。

こんな時なので、周囲にお金がないからと相談をしづらい状況でもあり、困り果てていました。

そんな時に、所持しているクレジットカードのキャッシング枠のことを思い出しました。すぐに近くのコンビニに行きATMでキャッシングできるか確認したところ、充分な枠があることが確認できました。

これで安心して、葬儀等にかかる諸々の手配を行うことができました。

このページの先頭へ